英語洋書・絵本「MR. WUFFLES」を実際に読んだ評価とレビュー「総合評価 ★★」

日本にいながらバイリンガル子育てに挑戦する2児のママです。

実際に子供に読んだ英語の洋書の評価とレビューを私の主観で書かせていただきます。

今回ご紹介させて頂くのは『FLOTSAM』の本です。

実際に読んだ見てどうだった?
本の内容は?
英語の難しさはどうだろうか?

買ってみたいけど、中身がよくわからないから悩んでいるという方や本の内容が知りたいという方に参考になればと私なりの考えで本を紹介させていただきます。

※本の内容やストーリーを書きますので、知りたくないという人は注意してください。

※本の大きさをわかりやすくするためにIphone6と比較しております。(iphone6のサイズは138.1×67.0×6.9mmです)

この記事を読んでわかること

・この本の評価

・作者と本のストーリー、英語の難易度とポイント

・実際に読んだ時の子供の様子

・この本のメリット、デメリット

・まとめ

この本の評価

総合評価

文章内容の難しさ

絵の可愛さ

ボリューム

単語レベル ー

推奨年齢:3歳〜8歳

重さ・サイズ:473.6g・縦約23.5cm✖️横約28.7cm✖️厚さ約1.1cm

本の質感:ハードカバーです。コーティングされた厚紙なので破れにくく、ツルツルした手触りです。

ページ数:32ページ

英語の文法のポイント : 文章はほとんどなくほぼイラストです。

作者と本のストーリーと英語の難易度とポイント

作者

DAVID WIESNER

https://ja.wikipedia.org/wiki/デヴィッド・ウィーズナー

●デヴィッド・ウィーズナーさんの他の作品

本のストーリー

主人公は猫のワッフルです。

新しいおもちゃを飼い主にもらったワッフルですが見向きもしません。すると宇宙人の乗った宇宙船に興味を持ち、ワッフルは遊びます。宇宙船が壊れてしまい、中から宇宙人が出てきます。猫がてんとう虫に気を取られてる間に小さなありくらいの宇宙人は家の軒下に逃げます。あり達と宇宙人は仲良くなり、壊れた宇宙船の部品を一緒に直します。宇宙人は宇宙船に運び込むとワッフルがいます。てんとう虫とアリさんに助けてもらい、ワッフルに追いかけられながらも無事に逃げて宇宙船は飛び去っていきました。

英語の難易度 ー

イラストのみなので、英単語は出てきません。なので、★をつけてません。

英語のポイント

猫に関する英語については下記をご覧ください⭐︎

実際に読んだ時の子供の様子

2歳半の娘は猫が大好きです。この絵の表紙のイラストの猫も大好きです。中にはありが出てきます。ありも歌があるので知っています。猫とありが出てくるので、楽しそうにイラストを見て「Meow」と言ってました。

メリット

猫を飼っている方や猫が身近にいるお子様は猫ってたまに不思議なところをじっとみる様子がわかるのではないでしょうか。それが、この本だと宇宙人を見ているのかと思うと、猫が見ているところを見たくなります。

猫が何を見ているのかを想像する想像力が養える本です。

デメリット

DAVID WIESNERさんの本は横長の本がたくさんあるのですが、若干大きさがどれも違うのが、本棚に綺麗におさまらなくて困ります。ただし、若干なので、他の全く違う大きさの本を置くよりはスッキリします。

まとめ

DAVID WIESNERさんの世界観は私はとても好きです。

イラスト自体はリアルなイラストが多くて可愛らしくはないですが、可愛い絵本ばかり読ませたくないなという方におすすめです。

想像力が養えるような気がする本です。

AMAZON