英語の絵本「My Teacher Is a MONSTER!(No, I am Not.)」はどう?実際に読んだレビュー「総合評価 ★★★★★」おすすめ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしてます。

この記事では英語の絵本「My Teacher Is a MONSTER!No, I Am Not,」の紹介と実際に読んだレビューします。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

こう言った方に参考になれば幸いです。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

※ストーリーは知りたくない場合はストーリー解説部分を飛ばしてお読みください。

この記事を読んでわかること

・My Teacher Is a MONSTER!No, I AM Not.の評価

・作者、本のストーリー、英語の難易度とそのポイント

・実際に読んだ時の子供の様子

・この本のメリット、デメリット

・まとめ

この本の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :0歳〜5歳

重さ・サイズ:470.3g・縦約28.4cm✖️横約22.4cm✖️厚さ約1.1cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙は硬い画用紙のような手触りです。

ページ数:33ページ

英文法のポイント : 過去形

作者、本のストーリー、英語の難易度とそのポイント

作者

Peter Brown / アメリカ

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Peter_Brown_(illustrator)

Peter Brownさんの他の作品

CREEPY CARROTS!の本でコールデコット賞を受賞しています。

本のストーリー

ボビーは学校で大きな問題がありました。先生の名前はカービーです。カービー先生は足をどんどん鳴らし、落ち着きなさいと大声で叫びます。

カービー先生は怪物でした。ボビーは先生のことを忘れるようと自由時間を公園で過ごします。

だけどある土曜日の朝、ボビーのお気に入りの場所にいくと怪物のカービー先生がいました。

ボビーは逃げ出したかったけど、それは事態を悪くするだけだとわかっていました。そして少し会話をしました。気まずい沈黙がありましたが、風がすべてを変えました。

カービー先生の帽子が風で飛んでいってしまいました。飛んでいった帽子を追いかけてボビーが捕まえてくれました。

カービー先生はボビーに「あなたは私のヒーローです。」といいました。2人の雰囲気がなごんで、2人はアヒルをみてクワクワっと泣き真似をしました。

それからボビーは公園のお気に入りの場所をカービー先生に見せてあげました。お気に入りの岩場の山の上に2人で座ると、カービー先生は紙飛行機をくれました。

ボビーは投げると紙飛行機が飛んでいきます。2人はばったり出会ったことがとても嬉しかったです。

でももうさよならの時間です。学校に戻るとカービ先生はまだ足をどんどん鳴らし、大声で叫びます。だけどもう怪物ではないようです。

英語の難易度

英語の文章も短く、分量は少ないです。

英語のポイント

settle down = 落ち着く

roar = 大声で叫ぶ、怒鳴る

recess = 休憩時間

awkward = 不器用な、きまづくさせる

granny = おばあちゃん、おばさん

bump into = ばったり出会う

実際に読んだ時の子供の様子

monsterを怖がる様子はなく、聞いていてくれましたが、特に興味がない様子でした。

メリット

・子どもが悪いことしている時や、いうことを聞いてくれない時には私は「言うこと聞かないとママはライオンになるよ。ROAR」というのですが、本当に私が怒っているときにはこの本のように「怪物」にみえるんだろうなと思いました。

・子どもにとって怒ってばかりの先生は怖い存在ですが、よく知ることで本当は怪物ではない心を知れるのかなと思い、そこが良いと感じました。

子どもがもし「怖い先生がいる」や「誰かが怖くていや」というように言ってくる時があればこの本を読んであげたいなと思いました。

デメリット

・学校にいってるボビーは自由時間一人で過ごしているのかなと心配になりました。

まとめ

子どもにとって自分が怪物に見えていたら嫌ですね。子供からすれば怒って怒鳴っている時には鬼みたいにみえるんでしょうけど。

この本を読むことで、親の気持ちを子供も理解してくれたらと願います。「怒ってばかりの人」はみんな嫌ですが、いい面もあったりするので、子どもには「本当のその人」をみるようにしてもらいたいなと思いました。皆さんもお子さんにぜひ読んであげてください。