英語の絵本「CLEMENTINA’S CACTUS」はどう?実際に読んだレビュー「総合評価 ★★★」まあまあ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしてます。

この記事では英語の絵本「CLEMENTINA’S CACTUS」の紹介と実際に読んだレビューします。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

こう言った方に参考になれば幸いです。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

※ストーリーは知りたくない場合はストーリー解説部分を飛ばしてお読みください。

この本の評価

総合評価

文章・内容の難しさ ー

絵の可愛さ

文章のボリューム ー

単語のレベル ー

推奨年齢 :0歳〜5歳

重さ・サイズ:224.7g・縦約15.5cm✖️横約19.6cm✖️厚さ約0.7cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙はコーティングされていてしっかりしています。

ページ数:33ページ

英文法のポイント : イラストのみになり、英語の文章はありません。

作者、本のストーリー、英語の難易度とそのポイント

作者

EZRA JACK KEATS / アメリカ

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Ezra_Jack_Keats

EZRA JACK KEATSさんの他の作品

EZRA JACK KEATSさんの作品でThe Snowy Dayという絵本がコールデコット賞を受賞した有名な作品です。

本のストーリー

英語の文章はなくすべてイラストの本です。文字は一文字もありません。

砂漠にサボテンがありました。男の人と小さな女の子がやってきて、小さな女の子はサボテンを夢中にみています。男の人が帰ろうとしてもみていて、女の子は触ろうとしています、男の人は女の子を抱き上げて家に帰ります。家につくと外は雨と雷が降っています。雨があがり虹がでてきて、綺麗な夜空が広がります。次の日女の子と男の人はサボテンのところへ行くと、サボテンに花が咲いていました。二人はとても嬉しそうです。

英語の難易度 ー

英語のポイント ー

文章がありませんので、評価対象外です。

実際に読んだ時の子供の様子

CACTUSの単語は知っている娘でしたが、サボテンの絵を見てもサボテンと認識しなかったようで、よくわかっていませんでした。

メリット

・砂漠、虹や夜空のイラストがとても綺麗で、絵本というよりも絵画作品を1ページ1ページ眺めている感じです。

・サボテン触ってみたいね。サボテン、痛いよ!などと言いながら本をよみました。

・天気の移り変わりがあるので、雨、嵐、虹、星空などの表現が学べます。

デメリット

・英語の文字はないので、英単語を新しく覚えることはできません。

まとめ

素敵な芸術作品を見ているような素敵な絵本でした。

女の子のイラストがとくに可愛くて、表情もとても素敵でした。

綺麗な絵具でかいたような絵をみたいという方におすすめです。

友だち追加