英語の絵本「I YAM A DONKEY!」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★★おすすめ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしてます。

この記事では英語の絵本「I YAM A DONKEY!」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「I YAM A DONKEY!」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :2歳〜6歳

重さ・サイズ:355.3g・縦約24.7cm✖️横約22.6cm✖️厚さ約1.0cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙はコーティングされていてしっかりとしています。

ページ数:32ページ

英文法のポイント : 現在形

「I YAM A DONKEY!」の作者

Cece Bell / アメリカ

公式HP

https://cecebell.wordpress.com

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Cece_Bell

Cece Bellさんの他の作品

Cece BellさんはEl Deafoの絵本でジョン・ニューベリー賞を受賞しています。

「I YAM A DONKEY!」のストーリー

この絵本はBe動詞がめちゃくちゃなロバにBe同士を教えるじゃがいも(ヤム)のお話しです。

ロバはとじゃがいも(名前がYam(ヤム))が話しています。ロバのは私はロバですの、amがYamになってしまっています。ヤムは「yamじゃなくてamだよ」と教えます。

ロバは「あなたもロバですか?おもしろい見た目のろばですね」といいますが、areというべきなのに、isと言います。じゃがいもは「私はyamです。あなたがロバですと言ったのです」といいます。ロバはYamとI yam donkeyとなんだかこんがらがってしまいます。じゃがいもは「Yamではなくamです」とBe 動詞を指摘しますがロバは直らずますます混乱しています。やれやれとじゃがいもはいいって、ロバにI am/ You are / He is / She is /They are /We are をじゃいもが、donkeyがyou、Heが人参、かぶがsheのイラストで教えます。

だけどロバは「みんなロバってこと?他の生物もロバってこと?目の検査を受ける必要があるな」と言いました。じゃがいもは他の野菜をならべて「お願い!みて!私はヤム。あなたはロバ、私たちは生物ではなく野菜だよ」と言いました。するとロバは「そうかあなたたちは昼ごはんだ」と言い、大きなお口で食べました。

donkey on grass lawn
Photo by LARAINE DAVIS on Pexels.com

「I YAM A DONKEY!」の英語の難易度

難易度

英単語、文法共に簡単で、読みやすいです。

英語のポイント

proper = 適切に、ちゃんと

confuse = (…を)混乱させる、わかりにくくする、区別がつかない、(…を)混同する、(…を)(…と)混同する、(…と)(…の)区別がつかない、心を混乱させる、困惑させる、まごつかせる、あわてさせる

good grief != これは大変!、これは驚いた!

critter = 生物

I need to get my eyes checked ! = 目の検査を受ける必要がある。

for Pete’s sake! = 後生だから、お願いだから

turnip = かぶ

実際に読んだ時の子供の様子

Donkeyと表紙をみて嬉しそうに言っていました。野菜はCarrotしか言えず、turnipとpotatpとgreen bean を教えました。be動詞はまだ理解できず、Baby is Sleeping という時はいつもBe動詞を発音せず、Baby Sleepingとなってしまいます。この絵本でBe動詞を読み聞かせしましたが、理解できていないようでした。

オススメしたい点

・Be動詞をとても簡単に分かりやすく説明してくれます。

・文法をイラストではっきりと教えてくれる絵本はあまりないので、貴重な絵本だと思います。

・ロバがわけわからない回答するところが面白いです。

注意されたい点

・かぶの絵が紫色で、日本のカブとすこし違います。

https://ameblo.jp/davisnono/entry-12268176910.html

まとめ

おもしろそうな絵本だろうなと思い手に取りましたが、ストーリーはとんちんかんなロバの話で面白く、かつBe動詞をはっきりと教えてくれるので、2歳後半から3歳くらいから読み始めてBe動詞も理解できるようになるといいなと思いました。

自然と身に付くBe動詞なのかもしれませんが、小さい頃は視覚やイメージで自然と覚えてくれると思いますので、小さい中から見せてあげたい絵本です。

友だち追加