英語の絵本「First the Egg」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★良い!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「First the Egg」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「First the Egg 」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :0歳〜5歳

重さ・サイズ:328.3g・縦約22.3cm✖️横約21.2cm✖️厚さ約1.0cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:28ページ

英文法のポイント : 英単語

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「First the Egg」の作者

Laura Vaccaro Seeger / アメリカ

公式HP

https://studiolvs.com

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Laura_Vaccaro_Seeger

Laura Vaccaro Seegerさんの他の作品

Laura Vaccaro Seegerさんは2歳から絵を書き始めてずっと描き続けています。彼女の絵は色々なところで展示されています。

「First the Egg 」のストーリー

この絵本は最初は卵でそれから鶏というように、どう成長するのかを見せる教えてくれる絵本です。

絵本に小さな穴が開いています。

最初は卵 それから鶏

最初はおたまじゃくし それからカエル

最初は種 それから花

というように毛虫や文字、絵具などが出てきます。

「First the Egg」の英語の難易度

難易度

英単語のみで、動詞などは出てきません。

英語のポイント

tadpole = おたまじゃくし

chrysalis =さなぎ

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

鶏をchickenといって、ひよこをchicといって、たまごをeggといって喜んで見ていました。毛虫はしっているはずですが発音せず、文字はAlphabet!と言っていました。

オススメしたい点

・あかちゃんの頃からみせてあげたい絵本です。本に小さな穴が空いていますが、紙もしっかりした紙なので、指を突っ込んだだけでは破けないと思います。

・卵から鶏がでてきたり、花は種から花が咲くということを視覚で学ぶことができます。

・絵具で描いたようなイラストがとても素敵です。

注意されたい点

・この絵本の名前は「First the Egg」です。表紙だとEggの部分が卵のイラストになっていますので、「First the」という絵本だと最初思ってしまっていました。

まとめ

2歳9ヶ月の娘にもあかちゃんにも読める絵本です。

文章はないですが、低年齢向けで学びもありとてもいい絵本だと思います。

友だち追加