英語の絵本「GIVE and TAKE」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★★おすすめ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「GIVE and TAKE」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「GIVE and TAKE」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :4歳〜10歳

重さ・サイズ:395.1g・縦約23.7cm✖️横約23.6cm✖️厚さ約1.1cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:40ページ

英文法のポイント : 過去形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「GIVE and TAKE」の作者

Chris Raschka / アメリカ

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Chris_Raschka

Chris Raschkaさんの他の作品

The Hello, Goodbye WindowとA BALL FOR DAISYの2作品でコールデコット賞を受賞しています。

「GIVE and TAKE」のストーリー

この絵本はおじいさんが出会ったとても小さな男の人のギブとテイクのお話です。

毎朝、農園主は犬に「りんごを点検しに行こう」といいました。農園夫はお庭の門をでて果樹園に向かいました。最初に摘んだリンゴは熟していました。全てを積もうといい、バスケットいっぱいに入れました。最後のリンゴを入れた時、とても小さな男の人が茂みから出てきました。「私はテイクです。私のことを聞けば、あなたの暮らしはよくなるでしょう。」といいますが、農園主は「しかし私の暮らしはいいですよ」というと「もっとよくなるでしょう」と言いました。農園主は彼をバスケットにリンゴと一緒にいれました。家に帰る途中かぼちゃを育てている隣人の家に行きました。隣人は「かぼちゃいる」と聞きました。テイクは体を乗り出して農園主の耳にささやきました。「あなたが見えるもの全部もらいなさい」リンゴをどさりとおろしカボチャをかごの中にいれました。隣人のおばあさんは「カボチャスープを作るといい」といいました。テイクは「彼女の助言を得なさい」といい、農園主は感謝して彼女の助言を得ました。徒歩でハイキングしなさいとテイクはいいました。やっと家についてたくさんのかぼちゃスープをつくり、作りすぎで硬くなった体で椅子に座り、思いました。「私はかぼちゃはスープは筋が多くて好きではない。リンゴがよかった」彼は犬もいらないかぼちゃのスープをあげ、ベッドで眠りました。

次の日農園主はバスケットの中で眠っているテイクに「出ていけ」といいました。そしてリンゴの点検をしていると一番高い木のおいしそうなリンゴをみつけかごに入れました。するととても小さな男の人が落ちてきました。そしてギブといいました。そして「もし私のいうことをきいたら、あなたの暮らしは甘くなるでしょう。」そしてギブはバスケットの中に座りました。家に帰る途中、豚を飼育している隣人の家で止まりました。豚の主人は「豚はあなたのリンゴをたべたいだろう」といいました。ギブは「あなたのリンゴすべてあげなさい」といいました。そして農園主はリンゴを全部あげました。「そしてあなたの意見をあげなさい」といいました。農園主は自分の知っているリンゴのことをすべて説明しました。途中で豚の主人は歩いて行ってしまいました。農園主は話す相手もいなくなり家にかえりましたが、バスケットの中には何もありません。退屈でお腹がすいて、彼はベッドで眠りました。

次の朝、ギブはバスケットの中で寝ていたので「出てけ!」と言いました。またリンゴを検品しにいき、最後のリンゴをバスケットに入れると騒がしい声がしました。ギブとテイクが口論していました。2人をみていて農園主は考えが思い浮かび2人をリンゴでいっぱいのバスケットにいれて行きました。かぼちゃ畑と豚の農場を通り過ぎ、製粉業者の製粉所でとまりました。挨拶をして「私のリンゴをいくつかあげるので、あなたの小麦粉をいただけますか?」と言いました。そして製粉業者にアップルソースをつくるといいよといい、製粉業者からはパン生地をつくるといいよと教えてもらいました。バスケットの中で「ギブ、テイク、ギブ、テイク」という口論が農園主にいい考えをくれます。農園主は家に帰り、リンゴソースト小麦粉でアップルパイを作りました。キブとテイクは喧嘩につかれて、手をつなぎ、ハグをしました。そしてみんなでアップルパイを食べました。

white and orange pumpkins on table
Photo by Anna Tukhfatullina Food Photographer/Stylist on Pexels.com

「GIVE and TAKE」の英語の難易度

難易度

英単語、文法共に簡単で、読みやすいです。

英語のポイント

inspect = (…を)詳しく調べる、点検する、検査する、(…を)(公式・正式に)視察する、検閲する、査察する

orchard = 果樹園

ripe = 熟した、飲みごろの、(赤く)ふっくらした、円熟した、盛りの、熟達した、老齢の、円熟して、(…に)うってつけの、(…に)熟して

leap = 跳ぶ、はねる、跳躍する、踊る、躍動する、飛ぶように行く、さっと走る、急に(…に)変わる、飛びつく、応じる

lean = 表記leaned(米国表記)、leant(英国表記)、(まっすぐな姿勢から)上体を曲げる、かがむ、そり返る、体を乗り出す、(…に)もたれる、寄りかかる、(…に)頼る、すがる

dump = (…に)投げ捨てる、どさりと下ろす、投棄する、(…を)(無責任に)放り出す、やっかい払いする、(外国市場へ)投げ売りする、ダンピングする、転嫁する、(…を)打ち出す

take advise = (特に)専門家の助言を得る、助言に従って行動する

hike = (行楽・運動にいなかなどを)ハイキングする、徒歩旅行する

gallon =ガロン、液量の単位、では約 3.7853 リットル、では約 4.546 リットル、略 gal、乾量の単位、

stringy = 糸の、筋の、繊維質の、筋だらけの、筋ばった、糸を引く、粘質の

stiff = (曲がらなくて)硬い、硬い、硬直した、死後硬直した、凝った、(動かすと)痛い、すらすら動かない、張り切った、ぴんと張った、堅苦しい

sore = 痛い、ひりひりする、心を痛める、人の感情を害する、悲しむ、怒って、腹を立てて、(…に)怒って、悔しがって

beneath = …の下に、のもとに、…を受けて、(身分・地位が)…より低い、…の目下の、…する価値のない、…にも似合わない、…の品位にかかわる

heavenly = 天の、天空の、天国の(ような)、こうごうしい、天来の、絶妙な、すばらしい、すてきな

mutter = (低いはっきりしない声で)つぶやく、ぶつぶつ不平を言う、低い音を立てる

expound = 詳しく説明する、解釈する、解説する

shingle = (屋根・外壁に用いる)こけら板、石綿板、(医者・弁護士などの)小看板、(婦人の頭髪の)シングルカット、刈り上げ

miller = 粉屋、水車屋、製粉業者

mill = 製粉所、水車小屋、粉砕器、製粉機、製造工場、製作所、(人・ものを)機械的に作り上げる所、ミル

dough= こね粉、パン生地、ドウ、金銭、現なま

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

イラストがわかりにくかったのが、Appleもwhat is this ?といってもすぐに理解できなかったようで、私がAppleといった発音しました。イラストは大人にとっては可愛いいけれど筆でかいたような独特なイラストです。

オススメしたい点

・ギブ&テイクをわかりやすく説明していくれていると思いました。

・簡単すぎず、難しすぎず、長く読める絵本だと思います。

注意されたい点

・イラストが独特で2歳9ヶ月の娘にはパンプキンのイラストがパンプキンかはっきりわからない様子でした。

まとめ

なんでも与えるだけでもだめで、得るだけでもだめで、そういうことを説明するのはとても難しいのですが、このように説明するのか!絵本はすごいなと思いました。

知恵がついてきて、損得などを考えられるようになったらこの絵本は読んであげた方がいいなと思う絵本です。

友だち追加