英語の絵本「Coming On Home Soon」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★良い!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「Coming On Home Soon」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「Coming On Home Soon」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :3歳〜12歳

重さ・サイズ:361.7g・縦約23.6cm✖️横約17.2cm✖️厚さ約1.3cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:36ページ

英文法のポイント :現在形、過去形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「Coming On Home Soon」の作者

Jacqueline Woodson / アメリカ

E. B Lewis / イラスト

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Jacqueline_Woodson

Jacqueline Woodsonさんの他の作品

Coming On Home Soonはコールデコット賞を受賞しています。

「Coming On Home Soon」のストーリー

この絵本は日本語で「かあさんをまつふゆ」出稼ぎに行くお母さんが出かけてから家に帰ってくるまでのエイダ・ルースという女の子の心のお母さんを待つさみしさを描いたストーリーです。

お母さんの手は暖かくて柔らかいです。お母さんが晴れ着を鞄にしまうときに一生懸命なかないようにします。エイダ・ルースに「男性が戦争でいないときにはシカゴで黒人女性の雇ってくれる仕事があるの。そこにいってくるね。」といい、そして、抱き寄せて顔を強く近づけて、「お金を作っておくるね」といいました。お母さんは「私が世界中のどんなものよりもあなたを愛していることを知ってる?」といいました。私が泣くとおばあちゃんが抱き寄せて「泣かないで、大丈夫だよ」と言います。そして「お母さんに手紙を書き続けなさい」と言いました。

今朝は雪が降っています。小さな黒い子猫がドアを引っ掻いていました、おばあちゃんは「飼えないわよ」といいます。エイダ・ルースはミルクをあげました。今は戦争が起こっています。いつか十分な食料はなくなるでしょう。猫はもっとほしいというように足に擦り付けてきました。おばあちゃんは「愛情を持ったらだめよ」と言いました。

猫は膝に乗ってきて10枚のキルトくらい暖かく、お母さんの手を同じくらい暖かいです。お母さんの笑い方を一生懸命思い出します。おばあちゃんはストーブ用の薪を抱えて帰ってきました。そして「ノミたちには寒すぎるのがいいことだね」といい、子猫を家に入れることを許してくれました。郵便局員が家の前を通り過ぎるをの窓からみて、彼女は泣きそうでした。お母さんは言いました。「シカゴで私は鉄道の車両を洗うことができるのよ」

夜に私とお母さんはラジオを聞きました。ラジオでは戦争で多くの男性が亡くなったことを私は目を瞑り祈って聞いていました。そしてお母さんがその近くにいることを心配しました。雪の嵐が昨晩きたとオポッサムとうさぎの狩りに行く時おばあちゃんは言いました。「寒波はどうやって早くきて時々とどまるのか知っている?」と聞きました。おばあちゃんは「すべてのものは広い世界に導かれている」といい、「いつか鉄道にのってみに行きたい」といいました。家に帰ってストーブをたいでて私はここを飲んでいると郵便局員がやってきました。「ありがとう」と郵便局員にいくとお母さんからの手紙でした。開けるとお金がでてきて、最初の一行に「エイダ・ルースに伝えて。もうすぐかえると」と書いてありました。私たちは何度も何度も手紙をよみました。そしておかあさんが帰ってきました。

「Coming On Home Soon」の英語の難易度

難易度

英語のポイント

satchel = 学生かばん、鞄

hold one’s breath= 息を止める;かたずをのむ

colored woman = 黒人女性

it is going to be all right = なんとかなる

hush = (…を)静かにさせる、黙らせる、静かにさせてさせる、静める、なだめる

rub = 手などでこする、摩擦する、(…を)こすり合わせる、(…で)こする、こすって磨く、こすって(…に)する、こすって(…に)(…を)作る、こする、こすりつける、(…に)こすりつける

get attached to = 〜を好きなる、~に愛情を感じる

lye = (木灰から作った)あく、アルカリ液

fleas = fleaの複数形。ノミ

railroad = 鉄道、鉄道線路、鉄道会社

possum = オポッサム

cold snap = 寒波

cursive = 続け書きの

go on and on = 言い立てる、言いたてる、言立てる、言い続ける、〈行く〉・ずんずん進む、くどくど言う

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

She Is waiting for mama.といってもなんの話かよくわからないようで、あまり聞いてないような感じで本を見ていました。kitty が出てくると喜んでkitty so cuteと言っていました。

オススメしたい点

・お母さんを待っている悲しい気持ちを理解することができます。

・戦争の時代に生きた子たちはどのような暮らしをしていたのか知ることができます。

注意されたい点

・お母さんが働きにいって冬の間中ずっとお母さんを待つ気持ちは、幼い子どもには理解できないかもしれません。

まとめ

お母さんが出稼ぎにいって冬の間中お母さんを待っているこの子どもの気持ちを想うと胸が締め付けられそうになりますした。また、お母さんからの手紙が届いたときには泣きそうになりました。号泣はしませんが、うるっとなるお話です。

この絵本が素晴らしいと感じたのはお母さんが素敵なお母さんだからです。女の子が思い出すお母さんはきっといつも笑顔で、出稼ぎに行くのも、どんな仕事をするのか、その仕事はどんなに素晴らしいかを女の子に話してあげることで女の子は出稼ぎに行くことは寂しいけどお母さんは辛いと言うイメージはないのだと思います。

でも本当は男の人のように働かされ、きっときつい労働だったのだと思います。子どもに自分の辛いところをみせない母の強さもこの絵本から感じ取れました。戦争のことについて読み聞かせをしたいという方へおすすめの絵本です。

友だち追加