英語の絵本「Ten Little FINGERS and Ten Little TOES」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★良い!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「Ten Little FINGERS and Ten Little TOES」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「Ten Little FINGERS and Ten Little TOES」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :0歳〜5歳

重さ・サイズ:472.2g・縦約24.2cm✖️横約28.1cm✖️厚さ約1.0cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:44ページ

英文法のポイント : 過去形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「Ten Little FINGERS and Ten Little TOES」の作者

Mem Fox / オーストラリア

Helen Oxenbury /イラスト

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Mem_Fox

Mem Foxさんの他の作品

Mem Foxさんは1996年に引退するまで、フリンダース大学の教育学部でリテラシー研究の准教授を務めていました。彼女は教師を引退して以来、世界中を旅して多くの国を訪れ、プレゼンテーションを行ったり、児童書や識字の問題について話したりしています。

「Ten Little FINGERS and Ten Little TOES」のストーリー

この絵本はいろいろなところで赤ちゃんが生まれてみんなそれぞれ可愛い手と足の指があり、そして、自分が産んだ赤ちゃんにキスをするお話です。

遠いところに生まれた小さな赤ちゃんがいました。次の日違う赤ちゃんが生まれました。みんなが知っているこの2人の赤ちゃんは10本の指と10本の足の指がありました。

街では1人の赤ちゃんが生まれました。もう1人の赤ちゃんは羽布団に包まれていました。この2人の赤ちゃんも10本の指と10本の足の指がありました。

丘の上で1人の小さな赤ちゃんがうまれました。もう1人の赤ちゃんはくしゃみと冷えに耐えていました。この2人の赤ちゃんも10本の指と10本の足の指があります。

氷の上で赤ちゃんが生まれました。もう1人の赤ちゃんは楽しくテントにいました。この2人の赤ちゃんも10本の指と10本の足の指がありました。

しかし次の日うまれた赤ちゃんは本当に神のような私のかわいい赤ちゃんです。そして10本の指と10本の足の指、そして3つの小さなキスを鼻の上にしました。

「Ten Little FINGERS and Ten Little TOES」の英語の難易度

難易度

英単語、文法共に簡単で、読みやすいです。

英語のポイント

eiderdown = ケワタガモの綿毛、(ケワタガモの綿毛を詰めた)羽ぶとん

sneeze = くしゃみ

chill = 冷え、(空気・水などのひやりとする)冷たさ、(身震いを伴う)寒け、身にしみる寒さ、ぞっとする気持ち、おじけ、悪寒(おかん)、寒け、かぜ、冷淡

suffer = 経験する、こうむる、受ける、(…を)忍ぶ、辛抱する、我慢する、許す、(黙って)させる、(…を)放任しておく、黙認する

truly = 真実に、偽りなく、事実のとおりに、正しく、正当に、忠実に、誠実に、正確に、精密に、寸分たがわず

divine = 神の、神性の、神にささげた、神聖な、宗教的な、神のような、神々(こうごう)しい、非凡な、すばらしい、すてきな

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

Babyの数をひたすらone two threeと数えていました。数を数えるのは半年くらいずっと好きです。

オススメしたい点

・遠い街や、どこかの丘や、どこかの街で自分と同じように赤ちゃんが生まれて、他の赤ちゃんはかわいいけど、やっぱり我が子は特別という感じが伝わってきます。この絵本を読んで、あなたは特別だよといってあげたくなります。

注意されたい点

・10本指で足先も10本と表現するにはいろいろな思いを持つ人がいるのではないかと思います。必ずしもみんな知っているように10本という訳でもありません。2本だったり、多い子もいるかもしれません。かわいい絵本ですが、きっとそれが嫌な気持ちにさせてしまう人もいるかもしれないと私は思いました。

まとめ

自分の赤ちゃんは特別だという思いは子を持つご両親にとってはとても共感できるのではないかと思いました。我が子をギュッと抱きしめたくなる絵本です。

出産祝いのプレゼントにもお勧めです。

友だち追加