英語の絵本「SHADOW」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★★おすすめ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「SHADOW」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「SHADOW」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ ー

絵の可愛さ

文章のボリュームー

単語レベルー

推奨年齢 :2歳〜8歳

重さ・サイズ:422.9g・縦約31.3cm✖️横約18.7cm✖️厚さ約1.0cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙は画用紙のような手触りです。

ページ数:42ページ

英文法のポイント : イラストのみで英単語や文章は出てきません。

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「SHADOW」の作者

Suzy Lee / 韓国

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Suzy_Lee

Suzy Leeさんの他の作品

WaveとShadowは、ニューヨークタイムズ紙によってそれぞれ2008年と2010年のベストイラスト児童書に選ばれました。

「SHADOW」のストーリー

この絵本は単語や文字ののない絵のみになります。見開きページの上が現実の世界で、下が影の世界が描かれています。

女の子は梯子やノコギリや自転車や掃除機やスケートボードのある倉庫のような場所で影で蝶をつくって遊んでいます。手で作った鳩の影絵をなげると影で鳩が飛んでいます。影が別世界になっていきます。女の子は影の世界では狼のようになり、はしごは熱帯の木のようになっています。女の子がリンゴを頭にのせて掃除機を持つと、影の世界ではティアラをつけたお姫様が象の鼻と手をつないでいるようになっています。女の子が踊っていると影の世界から狼が飛び出してきました。女の子のは影の世界に逃げ込むと影のお姫様と象が手を引っ張ってくれました。狼は影の世界に戻ろうとしても戻れなくて泣いています。・・・・このようにお話が続きます。最後はどのように終わるのか、是非ご覧ください。

black wooden framed black padded armchair
Photo by cottonbro on Pexels.com

「SHADOW」の英語の難易度

難易度 –

絵のみの絵本です。

英語のポイント

文章は「Dinner’s ready」しか出てきません。

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

Shadowを最近覚えたので、shadowとこの絵本をみて確認していました。狼のイラストや象のイラストは理解したようです。

オススメしたい点

・影のイラストはどのような展開をするのだろと思っていましたが、とても面白い展開でした。

・影絵を作ったり、影のことを考えるきっかけになる絵本です。

・新しい発想の絵本だなと思いました。想像力を育てるいい絵本だと思います。

注意されたい点

・現実の世界と影の世界をこわいと思う子もいるかもしれません。絵のみの絵本なのでお気をつけください。

まとめ

ニューヨークタイムズに選ばれたことはしっていましたが、読んでみようと思っておりませんでしたが、読んでみるととてもおもしろい絵本だなと思いました。現実の世界と影の世界があり、それが混ざりあい、溶け込む様子の表現がとても素晴らしいと思いました。感受性豊かな子どもの想像力を伸ばすとてもいい絵本だと感じました。

影というものを認識したら子どもも理解できると思います。話始めるのが早い2歳くらいの子でもみせてあげてもいい絵本だと感じました。

友だち追加