英語の絵本「Gaston」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★★おすすめ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「Gaston」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「Gaston」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :3歳〜8歳

重さ・サイズ:508g・縦約29.2cm✖️横約23.8cm✖️厚さ約1.1cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙は厚紙の画用紙のような手触りです。

ページ数:40ページ

英文法のポイント : 過去形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「Gaston」の作者

Kelly DiPucchio / アメリカ

Christian Robinson/ イラスト

公式HP

http://www.kellydipucchio.com/home.html

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Kelly_DiPucchio

Kelly DiPucchioさんの他の作品

Grace for Presidentの絵本はニューヨークタイムズの2008のベストセラーに入っています。

「Gaston」のストーリー

この絵本はプードル夫人の4匹の子どものうちの1匹とブルドック夫人の4匹の子どものうちの1匹が混ざってしまっていて、それに気づいたときに交換してみたけれど、やっぱりもとの場所がいいというお話です。

プードル夫人は新しい子犬を褒めています。フィーフィーとフーフーとオーララとガストンです。とってもかわいいでしょ?プードル夫人もそう思っています。3匹はティーカップよりも大きくなりません。しかし、4匹めのガストンはティーポットくらいの大きさに成長します。プードル夫人は礼儀正しい犬になるよう教えることを誇りに思っています。キャンキャン吠えます。決してキャンキャン吠えたてません。優美歩きます。決して競争しません。子犬たちはピンクでどのようにかわいくみせれるかを教わります。どのレッスンもガストンは一番一生懸命、一番長く練習して、一番大きく笑います。

プードル夫人は自分の子犬たちを誇りに思っています。春が来て、誇り高いお母さんは彼らを披露したく、公園にいきました。公園が見るものがいっぱいあります。だれがここにいるでしょう。ロッキーとリッキーとブルーノとアントワネットです。あなたはまた彼らに会いたいですか?ブルドック夫人は言いました。「恐ろしい間違いをしてしまったようだ」といいました。プードル夫人は悲しそうに言いました。「はい。どうしましょう」そして彼らに選べせることにしました。ガストンとアントニーは若く、彼らがごちゃまぜになっていることがわかりました。彼らはみんなの周りをまわりました。ガストンは優美に歩き、アントワネットは競争します。ガストンはキャンキャンといい、アントワネットはキャンキャンほえたてます。そして交換されたところにいきましたが、気持ちが落ち着きません。

その夜アントワネットは彼女の兄弟に適応しようとしましたが、彼女は礼儀正しいことやピンクが嫌いです。町の反対側でガストンも新しい兄弟に適応しようとしましたが、けだもののような屈強なことは嫌いです。アントワネットとガストンだけではなく、お母さんたちも適応しようと辛い時を過ごしました。次の朝、プードル夫人は礼儀正しいことを忘れて、公園に急いで行きました。ブルドック夫人はもうきていて、たくましい子どもと待っていました。

「私たちはおそろしい間違いをしてしまったようだね」といいました。「はい」とプードル夫人も幸せそうに同意しました。そしてみんなのところへ戻りました。その日から毎日午後、公園で一緒に遊びました。ロッキーとリッキーとブルーノとアントワネットはプードルの子犬たちにたくましくなることを教え、同様にフィーフィーとフーフーとオーララとガストンはブルドックに優しさを教えました。

そして数年後、ガストンとアントワネットは恋に落ちて、子犬ができ、彼らがなりたいものにはなんでもなれることを教えました。

two yellow labrador retriever puppies
Photo by Chevanon Photography on Pexels.com

「Gaston」の英語の難易度

難易度

英語のポイント

admire = (…を)称賛する、(…に)感心する、(…を)感心して眺める、(…に)感服する、あきれる、(…を)(お世辞に)ほめる

precious = 貴重な、高価な、大切な、むだにできない、尊い、貴重で、大切で、かわいい、ありがたい、凝った

pooch = 犬

take pride in = ほこりにおもう

sip = (…を)少しずつ飲む

proper = (目的・状況などにかなって)適切な、ふさわしい、ちゃんとした、(…に)適切な、(社会のしきたりにかなって)礼儀正しい、上品な、いやに行儀のよい、礼儀正しくて、上品で、正確な

yip = キャンキャンえる

yap = (…に)キャンキャンほえたてる、がみがみ言う、ぺちゃぺちゃしゃべる、ぺちゃくちゃしゃべる

grace = (動作・態度・物言いなどの)優美、優雅、気品、しとやかさ、上品、(人を引きつける)美点、魅力、愛嬌(あいきよう)、(上の立場の人が示す)親切、好意

nibble = 少しずつかじる、(…を)少しずつかじって作る、少しずつ使い果たす

kibble = キッブル; キブル、(特にペット用の)(荒びきの)穀物(粒)

eager = (…を)しきりに求めて、熱望して、しきりに(…し)たがって、(…が)熱望して、熱心な、(…に)熱心で

awkward = ぎこちない、ぶざまな、不器用な、下手な、(…が)ぶざまで、不器用で、きまり悪がって、気まずくて、扱いにくい、不便な

oui = フランス語で「はい」

mix up = よく混ぜ合わせる、ごちゃまぜにする、(…を)混乱させる、わけがわからなくする、(…を)(…と)混同する

brutish = けだもののような

brawny = 筋骨たくましい、屈強な

adjust = (…を)調節する、合わせる、直す、(…を)(…に)合わせる、調整する、調停する、順応する

burly = たくましい、がんじょうな

brood = 一かえりのひな、一腹の子、(一家の)子供たち、種族、種類、品種

tough = (切りにくい、またはかみ切れなくて)かたい、こわい、粘りのある、頑丈な、タフな、不屈な、頑固な、しぶとい、骨の折れる

likewise = 同様に、同じように、なおまた、そのうえ

tender = 柔らかい、柔らかな、弱い、壊れやすい、かよわい、虚弱な、きゃしゃな、(寒暑に)傷みやすい、触ると痛い、感じやすい

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

PoodleやBulldogとrocky,ricky,gastonなどと子犬を指させて読むと一緒に単語を発音してくれました。puppyが大好きなのでとても嬉しそうにこの絵本をみていました。ストーリーまでは理解していませんし、私も省略しながら読みました。

オススメしたい点

・どのなに違う家族の子でもやっぱり愛情をもって育ててくれたお母さんや兄弟がいいよねと思いました。

・ただ可愛い犬の話かとおもったら、展開に驚きました。

・1匹だけ見た目が違くてもお母さんの愛情は一緒だということが子どもに伝わればいいなと思います。

注意されたい点

・感受性豊かな子どもに1匹が本当は違う家族の子だとわかったときにどうするしたらいいかを聞いてみると、その子どもの意見が聞けると思います。

まとめ

本当のお母さんが違かったとしても、愛情をもってずっと育ててくれたお母さんはかけがえのないお母さんだと思います。そして、家族や環境や育て方は大きくなるにつれて染み付いていくものだなと感じました。

私の娘や息子にも自分の考えを押し付けず、自分のなりたいようになってもらえたらいいなと思いました。3歳、4歳、5歳など子どもにそれぞれの年齢で読んでどう思ったかの感想を聞きたいと思いました。

友だち追加