英語の絵本「one Cool FRiend」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★★おすすめ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「one Cool FRiend」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「one Cool FRiend」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :3歳〜10歳

重さ・サイズ:515.3g・縦約22.4cm✖️横約28.8cm✖️厚さ約1.2cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:36ページ

英文法のポイント : 過去形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「one Cool FRiend」の作者

Toni Buzzeo / アメリカ

David Small  / イラスト

公式HP

https://www.tonibuzzeo.com/HOME.html

Toni Buzzeoさんの他の作品

one CooL Friend はコールデコット賞を受賞しております。

「one Cool FRiend」のストーリー

この絵本は礼儀正しい少年が水族館に行き、ペンギンの上品さが自分と重なり、家に持ち帰るお話です。

エリオットはとても礼儀正しい少年でした。日曜日の朝お父さんが「水族館で家族の日がやってるよ。行こうか?」というとエリオットはうるさい子ども達と思いましたが、彼は「もちろん、招待してくれてありがとうございます」とだけいいました。水族館ではお父さんはベンチに座って本を読み「楽しんでおいて、エリオット」というので、彼はそうしました。彼は子どもたちが集まる巨大な水槽や、クラゲの水槽や触れる水槽などを飛ばして、ペンギンのところへいきました!適切な姿勢の上品な黒い羽のタキシードで、彼らはエリオットに自分自身を思い出させました。

お昼の時間、お父さんは「楽しんでる?」と聞くので、エリオットは「ペンギンをいただけますか?」といいました。そしてお父さんは20ドル札をくれました。エリオットはリュックから学校のお知らせの紙を全部だして空にして一番小さなペンギンを選びました。そしてリュックに入れました。お父さんは「ペンギンはどこ?」というとエリオットは「リュックの中だよ」と答えました。

部屋でエリオットはエアコンを一番涼しくしました。「たぶんスケートがしたいよね?」ときくとマゼランは「グロック」と言いました。エリオットは彼の古い水遊びプールを二階に引きずっていき、それから台所の窓を通して庭のホースから水をだしました。お父さんの仕事場を通るときに「迷惑をかけてごめんなさい」と言いました。そしてすぐエアコンが氷をはってくれました。

その後、エリオットはお父さんの仕事場のドアをノックして入り、「マゼランについて図書館で調べることがあるんだ」というと、お父さんは「小学3年生の時にキャプテンクックを捕らえた」といいました。エリオットは「どこに隠したの?」と聞きました。しかしお父さんはすでにグレートバリアリーフの境界線の変化を描くことに戻っていました。エリオットとマゼランは図書館まで自転車で走って行きました。家に帰る途中、エリオットは8つの氷の袋とスナックを買いに立ち寄りました。幸運なことに彼のお父さんの20ドルで買えました。

家に帰るとお父さんが「調査はどう?」と聞いてきました。「いいよ!マゼランは完璧だね」と答えました。エリオットはマゼランがクールダウンしている間にゴールドフィッシュのお菓子をシェアして本を読みましたが、マゼランはお腹が空いていました。エリオットはお父さんに「冷凍ピザを焼いてくれませんか?」というと「アンチョビのしか残ってないよ」とお父さんがいい、「それは完璧だね」と答えました。その夜エリオットはお父さんがアイスクリームを探しているのを聞きました。幸運なことにマゼランは冷凍庫の棚の前に箱を動かしました。不運なことにマゼランは彼のマナーを忘れました。

マゼランは目覚めると泳ぎたがりました。エリオットは深いバスタブに冷たい水をはりました。お父さんは「ちょっと水に浸りたい」といいました。エリオットは「待って!ペンギンを忘れてきたと思う」と言いました。「彼の邪魔をしないようにして、水をかけないように努力するよ」とお父さんは言いました。お父さんはお風呂に入ると「エリオット!」とさけびました。エリオットは急いでお風呂にいくと「このペンギンはどこからきたの?」といいました。「アルゼンチンの南部の先端の方だよ」と答えました。そしてお父さんは亀を指差して「彼はガラパゴス諸島からきたんだよ」と言いました。

flock of penguins near sea
Photo by David Dibert on Pexels.com

「one Cool FRiend」の英語の難易度

難易度

英語のポイント

proper = (目的・状況などにかなって)適切な、ふさわしい、ちゃんとした、(…に)適切な、(社会のしきたりにかなって)礼儀正しい、上品な、いやに行儀のよい、礼儀正しくて、上品で、正確な

geographic = 地理的な、地理学の

national = 国民の、全国民(共通)の、国家の、国家的な、国家全体の、全国的な、全国向けの、一国を象徴する、国民的な、国有の

mob = 暴徒、やじ馬連、(理性的でなく、絶えず意見が変わる)下層民、大衆、仲間、(特に盗賊などの)一団、暴力団

tide = 潮、潮の干満、潮流、(世論などの)風潮、傾向、形勢、盛衰、栄枯、絶頂期、最悪期

posture = (体の)姿勢、(ある特定の)姿勢、ポーズ、姿勢、態度、状態、形勢

ferdinand magellan = フェルディナンド・マゼラン

https://ja.wikipedia.org/wiki/フェルディナンド・マゼラン

inconvenience = 不便、不自由、迷惑、不便なこと

chart = 海図、水路図、(航空用の)チャート、図表、グラフ、表、(患者用)カルテ、(歌謡曲などの)ヒット曲番付、ヒットチャート

soak = (水などの液体に)浸す、つける、浸す、つかる、(…を)ずぶぬれにする、吸い込む、吸収する、浴びる、(…を)(心に)吸収する、(液体につけて)(…を)吸い出す

hamper = (…の)動きを妨げる、じゃまする、妨害する

tip = (もののとがった)先、先端、(山などの)頂点、頂上、先端につけるもの、(こうもり傘・つえなどの)石突き、釣りざおの先端部、(たばこの)フィルター、吸い口、(茶の)葉芽

southern = 南の、南向きの、南部(諸州)の、南部(地方)方言の

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

イラストをみてpenguinと発音して、それから楽しそうに絵本を目で追ってくれていました。so many penguins やskatingなどに反応してくれていました。

オススメしたい点

・礼儀正しい、上品な動物としてペンギンを例えることができることを学べます。

・自分とおなじようなものに惹かれるということも学べます。

・ペンギンとどのように家で過ごすのかを学べます。

注意されたい点

・水族館からペンギンを持って帰ってきてはいけません。

まとめ

確かにペンギンはタキシードをきているようで上品だなと思います。姿勢も正しく、素敵な動物だなと思います。ペンギンは水族館から持ち帰ってはいけないですが、持ち帰って来られたペンギンもとても楽しそうにエリオットと過ごしている姿がとても愛らしいなと感じました。水族館にいってペンギンをみにいきたくなる絵本です。

友だち追加