英語の絵本「MADLENKA’S DOG」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★まあまあ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「MADLENKA’S DOG」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「MADLENKA’S DOG」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :3歳〜10歳

重さ・サイズ:512.3g・縦約26cm✖️横約26cm✖️厚さ約1.1cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:40ページ

英文法のポイント : 現在形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「MADLENKA’S DOG」の作者

Peter Sís /  チェコ生まれのアメリカ人

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Peter_S%C3%ADs

Peter Sísさんの他の作品

Peter Sis さんはニューヨークタイムズのベストイラストレーター賞を7回も受賞しています。

「MADLENKA’S DOG」のストーリー

この絵本は犬を飼いたい女の子の想像のお話です。最後の方のページには本に丸い穴が開いていて仕掛け絵のようになっています。

宇宙の中で、惑星で、大陸で、国で、街でみんなが犬を散歩しているブロックの家に、マドレンカという名前のとても犬がほしい女の子が住んでいます。お願い、犬を飼ってもいい?あら!あれは何?ここにきて。かわいい犬。散歩に行こう。引っ張らないで。ブロックの周りをいこう、2人はパン屋のガストンに会いました。こんにちは。ガストン。新しい犬なの。こんにちは。マドレイン。私も犬を飼っていたよ。こんにちは。みんな。私は犬と散歩しているの。マクレガーは白くて背が低い犬と言います。エドアルドは大きくて毛の多いと言います。ぶちが好きだよと、旅行者は言います。みんな私の犬が好きと言います。クレオパトラという友達にあい、クレオパトラは馬を持っていました。そしてお庭で遊びます。そして夜になり家に帰ります。

brown pomeranian dog
Photo by KoolShooters on Pexels.com

「MADLENKA’S DOG」の英語の難易度

難易度

英語のポイント

planet = 惑星、(人間の運命・人事を左右すると考えられた)運星

continent = 大陸、ヨーロッパ大陸

woolly = 羊毛の、羊毛質の、羊毛のような、毛をかぶっている、毛の多い、わけのわからない、ぼんやりした、はっきりしない、不鮮明な

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

犬の絵がでてくるところにはdogと言っていましたが、マドレンカの想像の部分は理解していないようです。丸い穴が空いているところは指をつっこんでいましたが、なんだかよくわかっていない様子でした。

オススメしたい点

・想像してみること、また友達も想像していることなど、想像することはたのしいことだと教えてくれる絵本だと感じました。

注意されたい点

・想像の世界であるため、子どもにとってはわかりにくいかもしれません。

まとめ

私の姉の4歳の娘さんはとても想像力が豊かで、なにもない空間を指差して「テレビがあるね」と言ったり、例えばおたまをブランコに見立てて遊んだりします。想像力が豊かなとこは素晴らしいなとその子に会うたびに感じます。さらっと読めますが、不思議なお話で何が本当にで何が本当ではないのかよくわからなくなりました。なんだか不思議なお話を読みたいという方におすすめです。

友だち追加