英語の絵本「ONE LIGHTHOUSE ONE MOON」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★★おすすめ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「ONE LIGHTHOUSE ONE MOON」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「ONE LIGHTHOUSE ONE MOON」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :2歳〜8歳

重さ・サイズ:183.8g・縦約23.6cm✖️横約17.2cm✖️厚さ約1.3cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ペーパーバックです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:52ページ

英文法のポイント : 現在形、過去形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「ONE LIGHTHOUSE ONE MOON」の作者

Anita Lobel / アメリカ

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Anita_Lobel

Anita Lobelさんの他の作品

Anita Lobelさんはポーランド系アメリカ人の児童書のイラストレーターです。夫のArnold Lobelさんの絵本のイラストなども書いています。

「ONE LIGHTHOUSE ONE MOON」のストーリー

この絵本は曜日と色と12ヶ月と数字が学べる絵本です。

黒い靴は月曜日、赤い靴は火曜日、青い靴は水曜日、黄色い靴は木曜日、緑の靴は金曜日、ピンクの靴は土曜日、白い靴は日曜日

1月に猫のニニはお鼻で雪片をつかまえました。2月にニニはバレンダインデーのキスを避けました。3月にニニは風がなっているのを聴きました。4月にニニはクロッカスが地面から突き出るのを見ました。5月にニニは空に浮かぶたこを追いかけました。6月にニニはやぶに咲く薔薇の匂いをかぎました。7月にニニはアメリカの旗の下で昼寝をしました。8月にニニはザリガニの夢を見ました。9月にニニは落ち葉で遊びました。10月にニニはパンプキンでポーズをとりました。11月にニニは七面鳥の匂いをかぎました。12月にニニはいいものを待っていました。そしてきました。

1つの灯台が海の中の岩の上に立っていました。2つのボートが通り過ぎました。3人の船乗りが手を振りました。4人の女の子が海岸で遊んでいます。5頭のくじらが空中に水を吹いていました。6羽のペリカンが居眠りをしていました。7匹のカモメが波に揺られていました。8匹のガチョウが早い雪をさけるために南へ飛んで行きました。9人の漁師が捕まえたものをもって家に歩いていました。10本の木が風で折り曲がっていました。そして100個の星と1つの月が空に照っていました。

「ONE LIGHTHOUSE ONE MOON」の英語の難易度

難易度

英単語、文法共に簡単で、読みやすいです。

英語のポイント

poke = (指・腕・棒などで)(…を)突く、つっつく、こづく、(…を)突く、かき立てる、(突いたり、押したりして)(…に)あける、(…に)突きつける、突き出す、突っ込む

crayfish = ザリガニ、イセエビ、ザリガニの身

sailor = 船員、船乗り、水夫、(将校 に対して)水兵、海軍軍人、船に…の人

shore = (海・湖・川の)岸、海岸、(海に対して)陸(地)、(海岸を境とする)国

spout = 吹き出す、噴出する、とうとうと朗読する、長々と吟じる

doze = ちょっと眠る、居眠りする、思わずうたた寝する

bob = 急に上下に動く[揺れる,はねる]; (頭・体などを)急に動かす.

fisherfolk = 漁民

bend = 曲げる、曲げ戻す、折り曲げる、折る、下に向ける、うつむける、ひそめる、引く、(…を)(…に)曲げる、(…を)曲げて(…に)する

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

月曜日と12カ月と色と数字が言えるようになり、今度は文字を覚えようとしているところですが、毎回曜日のところを何度も繰り返して、次に行きません。一度にたくさんではなく、曜日を読むときは何度も曜日だけを読み、12カ月を読む時には何度も12カ月を読むようにしています。

オススメしたい点

・曜日や12ヶ月、数字を理解した子どもの次のステップとして文章を覚えたり文字を覚えたりできる絵本です。

・文章は1文のとても短い文なので、簡単で読みやすいです。

注意されたい点

・7月はアメリカの国旗が出てくるのですが、どうして国旗なのかを教えてdあげるのが難しいです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/独立記念日_(アメリカ合衆国)

まとめ

3歳4ヶ月の娘は今、カレンダーをみて12ヶ月といったり、「今日は何曜日?」を学んでいます。その中でこの絵本は曜日も12ヶ月も学べるのでとてもおすすめの絵本です。

友だち追加