英語の絵本「THE SINGING MeRmaid」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★★おすすめ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「THE SINGING MeRmaid」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「THE SINGING MeRmaid」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :3歳〜12歳

重さ・サイズ:251.5g・縦約25cm✖️横約25cm✖️厚さ約0.5cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ペーパーバックです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:36ページ

英文法のポイント : 過去形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「THE SINGING MeRmaid」の作者

Julia Donaldson / イギリス

Lydia Monks / イラスト

公式HP

https://www.juliadonaldson.co.uk  

Julia Donaldsonさんの他の作品

Julia Donaldsonさんはブリストル大学で演劇とフランス語を学びました。

「THE SINGING MeRmaid」のストーリー

この絵本は美しい歌声のマーメイドが悪いサーカス団にだまされて連れて行かれてしまい、またマーメイドのいた海の近くに戻ってきたときにみんながマーメードを助けて海にかえることができたというストーリーです。

夏の日に銀のシルバーサンドへいったことはありますか?そしたらたぶん深い青い湾で歌うマーメイドを見たでしょう。彼女は魚に歌を歌い、魚達はうろこをひらめかせて尾を振り回してマーメイドの歌を聴きます。時々マーメイドは岸辺に行き、髪をとかしながら貝や鳥に歌いました。サムスライサーカスが街に来て、サムが海を散歩している時に彼はマーメイドの歌を聴き、喜びで手を擦りました。彼は「あなたを有名で、お金持ちにしてあげる。大理石のプールで泳げて、素敵な羽毛のベッドで寝ることができるでしょう。主人や夫人に歌を歌い、王様やお姫様に歌うことができます。そして若い人も年寄りもマーメイドの歌を聴きにいいお金を支払うでしょう」とマーメイドに言いました。カモメや貝達は「いってはいけない!彼はうそつきだ」とマーメイドを止めましたが、マーメイドはサムと行ってしまいました。

サムはマーメイドをサーカスで歌わせました。マーメイドの歌を聞いた観客は「もっともっと」と聞こえないくらい叫びました。マーメイドはアクロバットのアニーとサーカス犬のディンドンとサーカス猫のベラと同じ移動式住宅に住んでいます。そして曲芸師や火を飲む人やピエロや綱渡りの女性と友達になりました。しかしサム・スライとは友達ではありません。彼は彼女を小さな水槽に入れました。大理石のプールではありません。羽毛のベッドもありませんでした。彼女は「自由にさせて!」とお願いしましたが、サムは笑って頭をふりました。

夏、秋、冬、春とサーカスダンは巡業しました。多くの間曲がマーメイドの歌に大きな歓声をあげました。しかしマーメイドはシルバーサンドを夢見ていました。彼女は深い青い海を熱望しました。彼女の歌は寂しくなっていきました。サムに自由にさせてほしいとお願いしても、サムはだめと言います。

シルバーサンドでカモメが巣に飛んでいく時に彼は大好きな歌が聞こえてきました。その歌声を辿ると移動式住宅があり、サムが鍵をかけたところでした。サムは鍵を自分のポケットに入れました。カモメはサムがいなくなるのを待ち、それからクチバシでまどを叩きました。シルバーサンドへ戻っておいで、1マイルほどしか離れてないよ。鍵をみつけて解放してあげれるよ」と言いました。犬と猫は「逃げなさい」と言いました。しかしマーメイドは「シルバーサンドまでどうやってあるいていくの。私は尾しかないの」という、アクロバットのアニーが「こうしたら!」と逆立ちを教えてくれました。そして毎晩、レッスンをしてくれました。次の週、サムが寝ている時にかも目が鍵を盗み、マーメイドを出してあげました。そして逆立ち歩きをしてシルバーサンドへ帰りました。海辺にいくとみんながマーメイドが帰ってきたことを喜んでくれました。そしてマーメイドは貝や鳥や魚たちに歌いました。あなたがもしシルバーサンドへ行った時にはマーメイドにあえて、多分彼女はあなたのために歌ってくれるでしょう。

unrecognizable tourists swimming in ocean near rocky coast
Photo by Ben Mack on Pexels.com

「THE SINGING MeRmaid」の英語の難易度

難易度

英語のポイント

bay = (小)湾、入り江、山ふところ、格間(ごうま)、(建物の)翼、そで、仕切り部分、(飛行機内の)ベイ、(船の)中甲板最前部、(鉄道・バスの)側線発着ホーム

haddock = ハドック、モンツキダラ、ハドックの身

hake = ヘイク、メルルーサ、ヘイクの身

ling = ギョリュウモドキ

scale = うろこ

swish = ヒュッと振り回す

silvery = 銀の(ような)、銀白色の、銀鈴を振るような、澄んだ、さえた

cockle = ザルガイ

mussel = ムラサキイガイ

sly = ずるい、悪賢い、陰険な、いたずらな、ちゃめな、ひょうきんな

stroll = ぶらつく、散歩する、流浪する、巡業する

rub = 手などでこする、摩擦する、(…を)こすり合わせる、(…で)こする、こすって磨く、こすって(…に)する、こすって(…に)(…を)作る、こする、こすりつける、(…に)こすりつける

marble = 大理石、(個人・博物館所蔵の) 大理石彫刻物、ビー玉遊び、(ビー玉遊びの)ビー玉、分別、理性

lord = 主人、支配者、首長、(封建時代の)領主、君主、神、わが主、キリスト、卿(きよう)、(Lord の敬称を持つ)貴族

shall = …でしょう、…だろう、…することになっている、…でしょうか、…だろうか、…させてやる、…しましょうか、…したらよいでしょうか、きっと…する、…すべきである

deafen = 耳を聞こえなくする

caravan = (自動車で牽引する)移動住宅、トレーラー、(ジプシー・サーカス団などの)ほろ馬車、(砂漠の)隊商、キャラバン

juggler = (投げ物の)曲芸師、手品師、ごまかし屋、ぺてん師

tumbledown = 荒れ果てた

tour = (視察・巡遊などの)(小)旅行、周遊、観光旅行、ツアー、(劇団の)巡業、(スポーツチームの)遠征(旅行)、勤務期間、(交替制の仕事の)当番、勤務交替、(外国などでの)勤務期間

set free = 放す、逃がす、迯がす、放つ、解き放す、〈解放する〉・自由にする、縄を解く、解き放す

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

3歳4ヶ月の娘がとても嬉しそうに最後まで聞いてくれた絵本です。最近、アナと雪の女王やプリンセスが好きになり始めたところなので、マーメイドも嬉しそうに見ていました。しかし、私の娘はプリンセスよりも猫が好きなので猫の絵本の方が喜びます。グリッターに興味があるようなので、フライングタイガーでグリッターが売っていたので買って遊ばせて見ました。

オススメしたい点

・お話がとてもわかりやすく、読みやすい絵本です。

・いろいろな種類の魚や貝の英単語が学べます。

・キラキラするグリッターがついているので触っても楽しめます。

注意されたい点

・マーメイドを騙して連れて行ってはいけません。

まとめ

プリンセスやマーメイドなどのキャラクターが好きなお子様に是非読んであげたい絵本です。お話のストーリーも面白いですし、イラストだけをみて楽しむこともできますので、3歳くらいから小学生高学年くらいまでずっと楽しめる絵本だと思います。

友だち追加