英語の絵本「A COUPLE OF BOYS HAVE THE BEST WEEK EVER」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★★おすすめ!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「A COUPLE OF BOYS HAVE THE BEST WEEK EVER」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「A COUPLE OF BOYS HAVE THE BEST WEEK EVER」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :3歳〜12歳

重さ・サイズ:345.8g・縦約26cm✖️横約21.1cm✖️厚さ約0.9cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ハードカバーです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:40ページ

英文法のポイント : 過去形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「A COUPLE OF BOYS HAVE THE BEST WEEK EVER」の作者

Marla Frazee / アメリカ

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Marla_Frazee

Marla Frazeeさんの他の作品

 A Couple of Boys Have the Best Week Ever and All the Worldの絵本でコールデコット賞を受賞しています。

「A COUPLE OF BOYS HAVE THE BEST WEEK EVER」のストーリー

この絵本は夏休みにジェームスとイーモンという2人の少年がサマーキャンプに参加するためにイーモンの祖父母のところでお泊まりするお話です。

ある夏の暑い日、ジェームスはビルとパムの家に友達のイーモンと一緒に1週間のネイチャーキャンプに行くために車に乗っています。ビルとパムはイーモンの祖父母です。彼らはビーチに住んでいます。イーモンはすでにそこにいました。キャンプはビルのアイデアでした。ビルは特に冷たくて、野生的で人のほとんどいない離れた自然が好きでした。たくさんのこのような場所に住んだことがあります。しかし、一番行きたいのは南極大陸でした。(なぜならペンギンがいるからです)パムは彼女は人間よりもペンギンが好きと言っていました。

ジェームスが到着しました。すこしの(イラストではたくさん)の彼の荷物を抱えてきました。彼は1週間も家を出たことがなかったので、お母さんが行ってしまうと寂しくなりました。最初にキャンプを始める前にビルはジェームスとイーモンを自然歴史博物館のペンギンの展示に連れいてきたかったです。しかしジェームスは行かないと言いました。

朝、ビルはネイチャーキャンプに2人を連れて行きました。その午後の帰り道、ジェームスとイーモンはビルにどのような最初の日だったかを話しました。家に着くと、ビルは大きな南極大陸の地図を居間に広げました。パムはチョコレートソースをかけたコーヒーアイスのかき氷をあげました。ネイチャーキャンプは彼らをとても疲れさせ、より注意深くさせました。ビルは潮汐表と地球儀をダイニングテーブルに持ってきました。夜にジェームスとイーモンは膨らむマットレスを膨らまして寝ました。ビルとパムは寂しくなるかと思いましたが、そんなことはありません。(イラストでベッドの周りにたくさんの動物のぬいぐるみやおもちゃを置いて嬉しそうに寝転がる2人)

次の朝、ビルは2人に双眼鏡と鳥のリストを渡しました。家に帰る時には何を見つけたか報告しました。ネイチャーキャンプの日が過ぎ、ジェームスとイーモンはほとんど1人の人間になりました。彼らは一緒の方法ですべてのことをして、ビルは彼らをジェーモンと呼びました。そして「ジェーモン、ペンギンの展示に行ってみるかどうか考えてみて」と言いました。そして2人は考え、それから完全に合意して、下の階で静かな瞑想の練習をして、バナナのワッフルを食べ、ビーチで遊び、ネイチャーキャンプはとても素敵に過ごせました。

それから金曜日の午後、ネイチャーキャンプが終わると、ジェームスとイーモンは家に帰るとときにキャンプの感想を簡潔にまとめました。彼らの最後の夜、ビルとパムとジェームスとイーモンはポップコーンパーティーをしました。ビルとパムが寝てしまいいびきがうるさいので、2人は静かで平和な場所を求めて外に行きました。明日彼らは家に帰らなければなりません。彼らは空を見上げ、海を見ました。何もかんがえることができません。それから最終的にジェームスとイーモンはとても忙しくなりました。それからこの週の一番いい点に変わりました。(2人が何かを作っているイラスト)朝になり、ジェームスとイーモンは彼らが何を作ったか早くビルとパムに見せくなりました。彼らは木の棒や石などで南極大陸を作りました。ビルは2人を強く抱きしめました。彼はこのハグはペンギンがお互いを温めるためのものだと言いました。それから彼らのお母さんが迎えにきて、2人は秘密の握手をして帰りました。それから2人はペンギンのように歩いて玄関に行きました。

「The Emperor of Absurdia」の英語の難易度

難易度

英語のポイント

remote = (距離的に)遠い、遠方の、遠隔の、人里離れた、へんぴな、遠く離れて、(時間的に)遠い、遠い昔の、関係の薄い、間接的な

cold = 寒い、冷たい、ぞっとする、冷やした、冷たくした、冷たくして食べる、加熱しない、冷淡な、よそよそしい、冷酷な

antarctica = 南極大陸

fascinating = 魅惑的な、うっとりさせる(ような)、すごくおもしろい

couple of = 2、3の、二つ、二人、一対

exhibit = (…を)(…に)展示する、陳列する、示す、表わす

describe = (…を)言葉で述べる、記述する、描写する、(…を)(言葉で)説明する、(…を)(…と)評する、みなす、言う、描く、描いて運行する

iceberg = 氷山

binocular = 両眼(用)の、双眼鏡(用)の

practically = 実際的に、実用的に、ほとんど、…も同然、実際には、実際的にみて、事実上

in complete agreement = 完全に[心から]同意する

meditation = (宗教的・精神修養の)瞑想(めいそう)、沈思黙考、黙想、瞑想録

recap = 簡潔にまとめる、再生する

sit – around = しばしば無駄に、または、特定の目的なしで、動き回る

huddle = ごちゃごちゃに積み重ねる、ごたごた集める、詰め込む、ちぢこまる、急いで着る

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

サマーキャンプがなんなのか、イラストだとわかりにくいようで、あまり興味を示してくれませんでした。夏休み前に読んであげたいお話です。

オススメしたい点

・夏休みにサマーキャンプなどに参加する時や、1週間など長い期間おじいちゃんやおばあちゃんのところへ泊まりにいくなどするときに読みたい絵本です。

・サマーキャンプの内容ではなく、おじいちゃんとおばあちゃんと過ごした1週間の話になっており、お泊まりが楽しそうと感じさせてくれる絵本です。

注意されたい点

・おじいちゃんペンギンの展示会にきっと行きたかったんだろうと思います。最後には感動する話になっていますが、行ってあげてもいいのになと思いました。

まとめ

双子のような二人の素晴らしい夏休みを描いた作品です。このような友情や経験は一生の宝物だろうと思いました。夏休み、サマーキャンプなどもたくさんあるので、ジェームスとイーモンのように素晴らしい夏休みを過ごしてあげれるように考えようと思いました。

夏休み前にぜひ読んでほしい一冊です。そして、夏休みあけ、どのような夏休みを過ごしたか、過ごせたかをみんなに聞いてみたいなと思いました。

友だち追加