英語の絵本「THE ADVENTURES OF THE DISH AND THE SPOON」はどう?実際に読んだレビュー評価 ★★★★良い!

日本にいながらバイリンガルの子を育てたいと考え、おうち英語に取り組んでます。その一環で日々英語の絵本(洋書)を読み聞かせしながら、1000冊読破+レビューに挑戦しています。

この記事では英語の絵本「THE ADVENTURES OF THE DISH AND THE SPOON」の紹介と実際に読んだレビューします。

以下のような方に参考になれば幸いです。

・乳幼児期の英語学習の為に子供に買ってあげたいけど、近くの書店では置いてないし、通販だと、質感、サイズ感、中身、英語のレベル感がよくわからないから悩んでいる。
・友達の出産祝いに何をあげればいいかネタがない・・・

※絵本のストーリーに関する解説もありますので、必要に応じて飛ばしてお読みください。

※本のサイズ感をお伝えする為に、iPhone6と比較しております。(iPhone6の寸法は14cm×7cm×0.7cm)

この記事を読んでわかること

「THE ADVENTURES OF THE DISH AND THE SPOON」の評価

総合評価

文章・内容の難しさ

絵の可愛さ

文章のボリューム

単語レベル

推奨年齢 :3歳〜12歳

重さ・サイズ:217.7g・縦約25cm✖️横約25cm✖️厚さ約0.5cm(画像のiPhone6のサイズは14cm×7cm×0.7cm)

本の質感:ペーパーバックです。中の紙はコーティングはされていてしっかりしています。

ページ数:36ページ

英文法のポイント : 現在形、過去形

woman reading book to toddler
Photo by Lina Kivaka on Pexels.com

「THE ADVENTURES OF THE DISH AND THE SPOON」の作者

Mini Grey / イギリス

ウィキペディア  

https://en.wikipedia.org/wiki/Mini_Grey

Mini Greyさんの他の作品

Mini Greyさんはこの絵本で2007年にケイト・グリーナウェイ賞を受賞しています。

「THE ADVENTURES OF THE DISH AND THE SPOON」のストーリー

この絵本はお皿とスプーンが冒険に出て、ショーで大金を稼いだけれどお金がなくなり悪事を働き、別々になってしまいその後2人がまた出会うというストーリーです。

誰かが新しいレコードプレーヤーで音楽をかけました。それは私たちの曲を演奏していました。( hey diddle diddleの曲) どうしたら拒むことができるのか?お皿は月明かりに照らさられた海をぐるぐる回りました。私はどこにいくのかわかりませんし、気にしません。お皿が私たちを連れて行ってくれます。私たちは移動するショーで演技をやってきました。観客は私たちを気に入り、私たちは有名になりました!お皿はぜいたくな暮らしに味をしめ、自動車を書い、宝石や毛皮を書いました。すぐに私たちのお金は底をつきました。

鋭くて、うさんくさいギャング達が私たちにお金を貸してくれました。しかし私たちは返済できませんでした。彼らはお皿を脅しました。スプーンは「待って!お皿をほどいて。私に計画があるの!」と叫びました。そして銀行強盗をしました。しかし世界中で指名手配されてしまいました。私たちは逃走するのに古いトリックを使いました。しかし鋭い岩が突き出ているのがみえませんでした。そしてお皿は割れてしまいました。お皿は「スプーン、走り続けるんだ」といいました。お皿は割れ、私はつかまってしまい牢屋に入れられました。25年後、牢屋から出て、私は眩しい街にまばたきしました。世界はとてもかわっていました。

こんな壊れた古いスプーンのための家がどこにあるのでしょうか?私は中古のお店をみつけました。入ってみると、すすり泣くことがきこえました。「お皿?」と私はささやきました。「あなたの?」「スプーン、私をみないで。私は古くて、ひび割れていて、つやもないの。」とお皿は答えました。スプーンは「お皿、あなたは6月の夜に一緒に逃げた時と同じだよ」と言いました。誰かが古いレコードプレーヤーにレコードを入れました。音はガリガリいっていましたが、私たちはその曲を知っています。「昔の技を覚えてる、お皿さん?」お皿はうなづきました。そして2人はまた冒険にでました。

「THE ADVENTURES OF THE DISH AND THE SPOON」の英語の難易度

難易度

英語のポイント

tune = 曲、歌曲、旋律、はっきりした節回し、メロディー、(歌・音律の)正しい調子、(他楽器との)調和、協調、調和

resist = (…に)抵抗する、反抗する、敵対する、抵抗する、(…を)我慢する、こらえる、我慢する、耐える、影響されない

whirl = ぐるぐる回す、(…を)渦を巻かせる、(…を)渦を巻かせて運んでいく、すばやく運ぶ

moonlit = 月光に照らされた、月明かりの

try one’s luck = 運を試す、いちかばちか(…を)やってみる

jewellery = 宝石類、(宝石入りの)装身具類

shady = 日陰になった、陰の多い、陰をつくる、陰になる、いかがわしい、うさんくさい

offer = 提供する、申し出る、差し出す、(こうしたらどうかと)提案する、提議する、(よかったら)申し出る、言う、売りに出す、出そうと申し出る、(…を)提示する

untie = ほどく、(…を)解放する、自由にする、解決する

getaway = (犯人の)逃走、(レースの)スタート

stick out = 突き出る、目立つ、明瞭である

blink = (…に)まばたきする、目をぱちくりする、驚きの目で(…を)見る、(…に)びっくりする、明滅する、ちらつく、(…を)見て見ないふりをする、見逃す

sob = すすり泣く、涙にむせぶ、ざわざわいう

glaze = ガラスをはめる、ガラス窓をはめる、うわぐすりをかける、上塗りをかける、光滑剤を塗る、つやつけをする、グレーズをかける、(…を)磨いてつやを出す

craze = 発狂させる、ひび焼きにする

sniff = (…を)ふんふんかぐ、(…を)鼻であしらう

scratchy = ぞんざいな、走り書きの、ひっかかる、ガリガリいう、かゆくなる、ちくちくする

focused students doing homework at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

実際に読んだ時の子供の様子

hey diddle diddle の曲を聞いた後に読みました。oh Spoon and dishと言っていました。お話は理解できているのかはわかりませんが、お皿が割れたところなどはoh broken と言っていました。

オススメしたい点

・hey Diddle Diddle の曲から色々なお話を連想するということを学ぶことができます。

・悪いことはしてはいけないことを学ぶことができます。

まとめ

お皿とスプーンの冒険でショーで大儲けをしたけれど、お金がなくなって金貸しに借りて、銀行強盗をして、つかまってしまい、牢屋からでた後の中古品店でまたお皿に出会えるという、なんとも映画みたいなストーリーです。36ページの中で色々な展開があるので私は面白く読めましたし、3歳の娘も、ストーリーは理解できていないかもしれませんが、イラストや場面をみて楽しめたと思います。

友だち追加